疫病除けのまじない食⑥ 酉の市の切山椒

鷲神社の酉の市

浅草の冬の風物詩である酉の市ですが、

酉の市にもまじない食があります。

鷲神社と長國寺では、毎年11月に一の酉、二の酉、三の酉まで計三回行われ、

商売繁盛の御利益がある縁起熊手を求める参拝客でにぎわいます。

熊手屋台は大賑わい

この祭の日だけ販売される「切山椒」を「食べると風邪をひかない」と伝わります。

世界よ、これが切山椒だ!

切山椒はすあまのような餅菓子に山椒の粉をくわえたものです。

ほんのりとした甘さのなかに、山椒の風味がさわやかに香ります。

 

山椒は実だけでなく葉も樹皮もすべて利用できることから、

有用であるという縁起担ぎで喜ばれたそうです。

 

切山椒は鳥居をくぐるすぐ手前の商店で販売されています。

見過ごさないようにゲットしてください。

 

 

follow me! twitter気まぐれ更新中