疫病除けのまじない食⑤ 館山茂名の里芋祭り

神前に供えられた里芋神輿

疫病除けの食べ物は多種多様にあります。

身近な食材である野菜はさまざまに疫病除けのまじない食に用いられてきました。

そのひとつが、里芋を食べると風邪をひかないと伝わる

千葉県館山市の茂名地区で行われる「里芋まつり」です。

 

アカメイモという里芋を積み上げて神輿を作り、

十二所神社の神様に奉納します。

そのお下がりの里芋を食べると風邪をひかない、無病息災とされます。

独特の形の里芋神饌もユニークです。

 

十二所神社へ里芋を奉納する

 

どうして風邪をひかないとされるのか?

土地の長老の考察を聞きました。

『ニッポン神様ごはん』で詳しく紹介していますので、

ご興味ある方はぜひ読んでみて下さい。

 

『ニッポン神様ごはん』(紀伊國屋ウェブストアで見る)

 

 

 

follow me! twitter気まぐれ更新中