疫病除けのまじない食⑧ 京都の大根焚き

東京が大根まつりなら、京都には「大根焚き」あり。

「大根焚き」は お釈迦様が悟りを開いた日(十二月八日)の成道会に行われ、

鎌倉時代に千本釈迦堂で第三世慈禅上人が大根の切り口に釈迦の梵字を書いて供え

悪魔よけとし、焚いて参詣者にふるまったのが始まりとされます。

現在でも千本釈迦堂のほか、鳴滝の了徳寺、三寶寺、妙満寺、華厳寺など多くの寺院で行われています。

 

「大根焚き寺」の別名でも知られる鳴滝の法輪山了徳寺(浄土真宗大谷派)の大根焚きは毎年十二月九日、十日。報恩講として行われます。

鳴滝にやってきた親鸞聖人が念仏の教えを説かれたとき、里の人々は大根を炊いてもてなしたことが始まりと伝わります。

この大根の煮物を食べる病除けになるとされます。

大根焚寺の大根焚き

一昼夜かけて炊きあげられた大根は、油揚げと一緒に醤油味で煮含めた飴色のとろとろ。

例年11時から法要と法話があり、法話を聞きながら大根焚をいただくこともできます。

 

大根焚きについては『日本まじない食図鑑』で詳しく紹介しました。

ご興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

『日本まじない食図鑑 お守りを食べ、縁起を味わう』(紀伊國屋書店ウェブストアで見る)

 

 

 

follow me! twitter気まぐれ更新中