金運のまじない食① 財をなす 千躰荒神の釜おこし

「まじない食」では、実にさまざまな食材に祈りや願いが込められています。

使われる食材の多様性も面白いのですが、

米菓子が使われる例を紹介します。

誰もが望む?金運アップのまじない食です。

 

東京・品川にある海雲寺は鎮守として千躰三宝荒神王を祀ることから、

かまどの神様、台所の神様として江戸時代から信仰されてきました。

3月と11月の年二回行われる大祭では参道に露店がたち、

「荒神松」と「釜起こし」が販売されます。

千躰荒神さんの露天で販売されるお釜起こし

「釜起こし」はお釜の形をしたおこしで、

「身上(しんしょう)起こす(おこす)、かまおこし」として、

身上起こすから転じて「財をなす縁起物」とされます。

つまり、金運・財運アップのまじない食ですね。

 

まじない食とは祈りを込めた食べ物です

コロンとしたフォルムも可愛い「お釜起こし」

follow me! twitter気まぐれ更新中